私たちのマイホームにむけて
by hi-koukigumo
画像一覧

変更ばかり。

ついに、お父さんがモノ申した。
設計士さんから来たメールの変更内容が、

「完成日2月18日」

ってなっていたから。
当初の計画からまるまる一ヶ月も遅れている。
工事出来なかったぶん、そのまま後倒しになっているということ。

「なかなか工事が進まないけど、大丈夫か?」って
私がお父さんに再三言ってたけど
お父さんは「あっちも一生懸命頑張ってくれているんだ」と現場目線で言っていた。

いつもお客さん目線じゃないのね。
ほらね、やっぱり大丈夫じゃなかったじゃん!

遅れたら遅れた分だけずれるんだよ。
私から言わせると、現場の人が一生懸命なのは当たり前。
あと私たちも一生懸命なのも当たり前。
一生懸命同士でいいじゃんか!

もっと、第三者の目線(どっちかというと私たち側)に立って、気持ちを代弁してほしいもんだ。
[PR]
by hi-koukigumo | 2013-09-21 10:58 | 工事