私たちのマイホームにむけて
by hi-koukigumo
画像一覧
カテゴリ
全体
はじめに
参考にしたもの
地域環境
家族のこと
展示場
依頼先
不動産
費用
打ち合わせ
地鎮祭
工事
ひとりごと

上棟式
最新の記事
はじめに
at 2014-04-29 23:44
あと、ひと月!
at 2014-01-23 14:40
嬉しいの一言。
at 2013-12-16 15:07
中の様子。
at 2013-12-01 16:27
メインの窓!
at 2013-11-14 14:26
その他のジャンル
ブログジャンル
建築・プロダクト
画像一覧

娘の一言が気になって。

前住んでいた家の話。

アパートなんだけど
テラスハウスっていう
一軒の建物を半分にして2世帯住んでいるタイプだったの。

越したばかりの時は
娘も2歳になるかならないかの時期で
まだお友達と遊ぶっていうのがなかったから、
いつも2人で遊び歩いていた。

だけど、1年たって3歳になろうかと言う時に
お隣のおねえちゃん達と遊ぶようになったんだけど、

そのつながりで
実は住んでいた敷地内にに同じ建物が4棟あって、
他の2世帯の子供とも仲良くなれた。

お家訪問はもちろん、
お手紙のやり取りをして、

気候のいい日は、
敷地の駐車場で遊び
レジャーシートをひきお茶会をたり、

イベントの時は、
夏祭りも一緒に行って
ハロウィンパーティー、クリスマスパーティーもした。

ママたちとも仲良くてね、
忘年会、新年会、
出産前の食事会もした。

引っ越しする時も
送別会開いてくれてね、
車で出発する時は
みんなで見送ってくれた。

本当に今もふとみんなの事を思い出すよ。
最高のメンバーだったなー

一番印象的だったのが、
引っ越しする前日、
いつもみたいに、みんなで駐車場で遊んでいたの。

その時は育メンパパも3人いてね、
いつもなら4時5時くらいにバイバイなんだけど
誰も何にも言わないで
別れを惜しむように
その日は暗くなった7時まで遊んでいたの。

子供たちが、お別れって分かってるのかはハテナだけど、
いつものように、キャッキャ言いながら、
楽しそうに遊んでいた姿が、本当に印象的。
娘にとっても、最高のお友達でした。

だから、娘が引っ越してきたアパートで言った一言が
ずっと引っかかっていた。

「もう、引っ越さない?」

まだ3歳(まだ誕生日きてなかったからね)の娘でも、
「別れる」って「淋しい」とイコールになっていたんだなー
傷ついてるんだなーと思った。

大人たちは、子供の記憶は消えてなくなるって言うけど、
少しでも傷ついた心は
心のどこか隅っこに残っていて
楽しい事も嬉しい事も
記憶のどこかに残っていると私は思う。

だから私は
子供たちに安心した定住地を見つけてあげたい。

そしてそこで
いい事も
悪い事も
たくさんの思い出を作りたい。
[PR]
# by hi-koukigumo | 2012-05-01 16:35 | 家族のこと

展示場見学。

のんびりしている連休の合間に、
近場の展示場へ行ってきました。

連休だけあって、普段はない子供サービスがあって、
娘は、綿菓子をもらい、空気のお家で遊んでいました。

この娘とまだ3ヶ月にならない息子を連れての展示場見学のタイムリミットは1時間半。
2、3軒見れればいいかなってカンジ。

連休といえど、この特殊な場所は、お客さんがちらほらでいる程度で
私たちにとってはラッキーだった。

問題はどの家を見るのか。
予算的に、ハウスメーカーさんで新築は無理なので、ハウスメーカーさんにこだわりはなく、
外観で選ぼうと思ったら、、、

あるメーカーさんの掲示板に
「モデルハウスお譲りします」だってー!

いやーん。
そういう手もあるんだと思って、値段も聞かないで、間取りを見せて欲しいと言った。

そしたら、丁寧にモデルハウスの中にお通し下さって、
丁寧に説明してくれるワケですよ。

ぶっ飛んだのが、
この某メーカーハウス1坪あたりの建設費が60万ですってよー!

ニコニコと説明するお兄さん。
私は心の中で、
「そうなの?そんなもんなの?」ってカンジだった。

さらにぶっ飛んだのが、
モデルハウスのお譲り価格が破格値だったこと。
約70坪の敷地と建物(建築面積約20坪、延床面積約35坪)が2600万だった。

敷地だけで通常1200万ほどするのに、700万になりーの、
そして、家は3000万ほどのが、1900万ですって。
さらに赤字にならなければいいので、もっと安く提供できますとな。

むむむ。
おいしい話だ。

でも、美味しい話には裏があるからして、、、
この前呼んだ住宅ローンの本に書いてあった事を思い出す。

「住宅メーカーは売るのが商売だからセールストークをうのみにしてはいかん!
お金を払うのは君たちだ!」
だったかな。

それにしてもいい話だな。
さっそく今日の話を、旦那さんに話してみた。

「学校送迎って、歩いていけないのはダメだ」
「高台とはいえ、海がすぐそこ。将来的に土地の価値が低くなるんじゃないか」
「駅が遠い」
などなど、なんか、いろいろ言われた。

で、思ったの。
買う買わないを別にして、
お父さんを納得させるシュミレーションをしようと。

いろいろ参考になるものをかき集めて、
「お父さん納得大作戦」を
今から遂行しましょう。

頑張るぞー
おー
[PR]
# by hi-koukigumo | 2012-05-01 12:32 | 展示場

田舎はイヤ。

2年住んでいて、浜松が都会だったと思った事なかったけど、
すごく住みやすいなーと感じていた。

スーパーは1分、大型ショッピングモールは10キロ圏内(一番近いところは車で10ふん)に
わんさかあったし、
子供を育てる条件として、
天気もいいし、
公園もたくさんあった。

それにとっても助けられた、
子育て支援も身近な所にあった。

でも政令都市なだけに人も多かったから、土日をはじめ、大型連休や夏休みとかは、
混んでいたし、車の流れも悪かった。

久しぶりに地元に帰ってきて、
春休みあけの土日、
大きめのショッピングセンターに行ったのにガラガラだったのに驚いた。

ここで初めて、あっちは都会だったんだなーと思った。

そういえば、浜松に引っ越した時、
人間が冷たく感じた。

それは、慣れない場所だからだと思っていたけど、人に対して必要以上に関与しないことは、
冷たい事じゃないんだと、今思う。
人が多いからいろんな人がいる。
いちいち相手もできない。

だから、マニュアル本がしっかりあり
不動産やさんも幼稚園も
疑問に思った事を、いちいち質問することもなかった。

こちらは、相手にもよるけど、
のんびりしてる。
場合によっちゃあ、イラッとする。

そして、これも住む場所によるけど、モラルが悪い。
今のアパートの周りを見ても雑然としてる。

偉そうなこと言ってるけど、
スムーズさ、スマートさに欠けるのが田舎なのか、と思う。

あら、いやだ。
私、都会かぶれになってるし。
[PR]
# by hi-koukigumo | 2012-04-30 00:26 | 地域環境

久しぶりの地元。

浜松から戻ってきて、4月から住んでいるアパートの話。

2月に2人目を浜松で出産した私。
当然、アパート探しに参加できず、旦那さんにお願いすることになったのだけど、
出来る事なら、参加したかった。


一生懸命探してくれた旦那さんには悪いけど、
私だったら、、、って思う事ちらほら。

家周りの環境や住人
お家の向き

映像と言葉だけじゃ
伝わりにくかったかな。

少しは物件をネットで探していたんだけどね。
育児と家事を理由に、「地元だから大丈夫」と少々軽く考えていた部分もあった。

引っ越してからの
環境の変化、荷ほどき、育児で
気力も体力も低下し始めてきたころに、

「うんこ事件」

2階の踊り場に人間様のうんこが!
小学校1年生の子供のしたこととはいえ、
ビックリしたのと、こんな人間たちと住んでるんだと気持ち悪い思いで
「引っ越ししたい!」と
旦那さんに悲願した。

当然ムリなわけで、
じゃあ、ここから早く出れるように
でも、焦って、悔いのない
満足できるマイホームを探そう!
と思ったワケ。
[PR]
# by hi-koukigumo | 2012-04-30 00:04 | 地域環境