私たちのマイホームにむけて
by hi-koukigumo
画像一覧
カテゴリ
全体
はじめに
参考にしたもの
地域環境
家族のこと
展示場
依頼先
不動産
費用
打ち合わせ
地鎮祭
工事
ひとりごと

上棟式
最新の記事
はじめに
at 2014-04-29 23:44
あと、ひと月!
at 2014-01-23 14:40
嬉しいの一言。
at 2013-12-16 15:07
中の様子。
at 2013-12-01 16:27
メインの窓!
at 2013-11-14 14:26
その他のジャンル
ブログジャンル
建築・プロダクト
画像一覧

<   2012年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

依頼先選び。

土地も決まってないのに、ちょっと選んでることがある。
それは、依頼先。

病人が絶たないので、ずっと家にこもりっぱなしだった私。
お家作りの参考書や雑誌、インターネットが私の相棒でした。

夜中に雑誌を見ながら、素敵だなーと思ったお家の施工・設計依頼のところを見たの。
住宅メーカーや工務店、設計事務所。。。と、さまざまありました。

夜中でもインターネットを開けば、すぐ情報がつかめるなんて、
なんて便利な世の中なんでしょう!
そして、夜中でも迷惑かけずにコンタクトがとれる。

住宅メーカーは無理そうなので、
さっそく、ローコストの地元の工務店と
私好みの設計をしていた、わりと近所にある設計事務所に相談メールをしました。

工務店は坪40万円台、設計事務所は坪50万円前後だそうです。
安い方がいいけど、素敵な家がいい。
両方兼ねているところはないものか。

そもそも、土地と家で2500万円で建つのか。
安いコストでイヤな顔せずにやってくれるだろうか。
[PR]
by hi-koukigumo | 2012-05-29 14:10 | 依頼先

住みたい場所。

ゴールデンウィークが終わって、しばらくバタバタしていました。

環境の変化か、疲れか。
旦那さんも子供もみんなダウン。
とうとう生後3ヶ月の息子もお薬デビューしてしまいました。
元気なのは私だけ。

全然時間に余裕はないけれど、
少しでも時間が出来たら本を読んだり、
旦那さんとのんびりする時間が合えば、こんなこと思ってるんだけど。。。など
ゆーっくり、前進していました。

さて、お家づくりのイメージは追々固めるとして、
肝心なそれを建てる場所。

今の住処は、旦那さんのほぼ希望する場所です。
●職場に近い

ただそれだけです。
幸いにも、町の準中心部なので、近場に何でもあって便利。

デメリットは、
●海が近いので風は強い。
●道路は狭く、冬は除雪しに来てくれないそう。
●古い町並みなので、雑然としている。

このあたりの坪単価は約19万!
さすが、県内一の市内、準中心部付近だけのことはある。
でも正直、こんなところで?ってカンジ。

もう少し海のになると10~12万ってのもあるけれど、
そう言うところは住みにくい。

で、もう一度、私が住みたい場所を考えてみた。
●学校、駅がそこそこ近い。→子供の通学(&旦那さんの飲み会の行き帰り。)
●実家からそこそこ近い。→やはり何かと頼りになるので。将来、世話もしなくちゃね。
●治安が安定している。→そこそこ静かな町。
●新興住宅地までいかなくても、整った町並み。
→若い町は小さな子供や同年代が多いので住みやすい。公園や道がキレイ。

可哀そうだけど、私の考える場所に
旦那さんの職場に近いというのは入ってない。
今は近すぎる。
土地は買えて、現実、車で2、30分離れたところだ。
それを許容範囲としてもらわなきゃ。

ちらしや、不動産のネット・店頭情報をちらほら見ていたら
最近、目ぼしい所を見つけた。
今後、分譲地にするそうだ。

価格も坪数も分からない。
もし、条件が合えば大きく動く事になるかもしれない。

まっ、私の勝手な思い込みだけど。
[PR]
by hi-koukigumo | 2012-05-28 23:22 | 地域環境

温度差。

世の中、レジャーにショッピング、帰省などなど、賑やかな5月の連休。
我が家は、のんびり展示場めぐり。

今回は「お金使わず頭使え」ってやつです。
これから、大きな買い物するんですから、勉強を兼ねて、
お父さんが時間あるときに一緒に行動しましょ。

そう思って、いろんな住宅メーカーのリサーチや、
什器のショールームのリサーチを夜な夜なしていたわけですよ。

でもね、いい感じに話が盛り上がりそうになっても、
「時期が早すぎる」って
急ブレーキを踏む旦那さんに
じれったくってね。

「お父さんの言う、ブラックボックスを1つずつ解決していこうとしてるのに
時期が早いっていう理由でじらすのやめてくれる?」

て、言ったんです。

慎重派のお父さんは、
「冷静に、色んな角度から吟味して、見えないブラックボックスを
見つけて解決して、本当に納得いく家を買おう。」

と、ずっと言っていました。

でも私は、石橋を叩いて叩いて壊して泣きたくない。
最後に笑いたい。

忙しい時期なのも分かるし、私の時間も限られる。
だから、すぐにどうこうって事はない。
でも、時間のある時に、やれる事をやって少しでも前に進みたい。

私の最終目標は、
「家にばかりこだわって、家の中がギスギスしないマイホームをゲットする!」こと。

この為に
自分らの許容範囲の家を知る事。
いっぱい勉強するのは必須です。

だけど、勉強して知識を得て、お父さんのいうブラックボックスを解決しても
時期(時間)は努力しても早く進めれない。

私と旦那さんのマイホームに対する温度差が
帰りの車の中の会話を
ギスギスさせるから
だんだん
展示場に行くのがむなしくなってきた。

でも、朝起きて
いつもマイホームの事を考える自分がいる。

イヤになったら立ち止まろう。
ゆっくり。ゆっくり。
種をまこう。
[PR]
by hi-koukigumo | 2012-05-09 14:00 | 家族のこと

ローコストの住宅メーカ。

土地のからくりが分かり、
じゃあ、ローコストの住宅メーカーなら、
建てたい家が建てられるんじゃないの?って思って
早速、行ってきました。

ハッピーライフ♪
ハッピーホーム♪

で、おなじみの住宅メーカー。
日本の定価価格の見直し(坪60万~の相場)を考えた住宅メーカーですって。

でも、ローコストの住宅って怖い。
だから、行く前に見学重点をしっかり決めて行きました。

●ローコストにできるワケ。
●建物の造り。(ローコスト=壊れやすい造り?)
●店員の教育。(ローコスト=社員給料が安い?)

欠点探しのスパイになった気持ちで身構え、
ガッチガチに緊張していったのに、
意外と気さくなお兄さんたちばかり。

しかも、同級生のお兄さんで親近感わいちゃったし(笑)
おかげでいろいろ聞きやすかったー

そのコストパフォーマンスについて聞いてみたら、
とにかく、無駄なものを省くことでコストダウンをしているとのことでした。

●従業員の人数(人件費カット)
●独自の開発部がない(優良メーカーの最新の物を取り扱っている)
●材料から施工まで直接管理(マージンが発生しないように間に人(会社)を入れない)

家の造りは木材軸組工法で、
簡単にいうと、柱の軸を板で挟んだ、
日本の気候に合った、昔からの造り方だそう。

火に強い、有名な2×4(ツーバイフォー)工法をよく聞いていたので、
建物の造り(工法)について
もう少し勉強したいなー

そして、こちらも今、よく言われる優良住宅対応でした。

つまり、ローコスト=人件費を省くってことなのー??
なんだか、ちょっと安心しました。
[PR]
by hi-koukigumo | 2012-05-08 13:21 | 展示場

住宅支援のしくみ。

先日行った、モデルハウスのあったニュータウン。
住宅支援って何かよく分からなかったけど、
自分的に人が集まって欲しいから、
少しでも来やすくしている制度なのかなーと思ったの。

でもね、このしくみ。
驚きビックリだったんです。

住宅公社って言うところが、いい場所を買い取ってて、
先日行ったモデルハウスもこの区分だったのだけど、
住宅公社って何かというと、簡単に言えば県なんですよねー

で、この区分でお家を建てると、
400万と5%の支給還元が、県からあるのだけど、
どこの住宅メーカーでもってわけにいかないんです。

公社と提携している住宅メーカーで建てるのが条件。
つまり、坪60万くらいの住宅メーカー、もしくは工務店ってことになるのです。

そして、ビックリしたのが、
公社が買い取っていない区画の坪単価が8~10万円だったこと。
つまり、ここらの相場は8~10万ってことです。

公社が買い取ってる場所は、公園が近かったり
将来建つであろう区画用地の付近だったり、
結構いい場所だったりするんだけど、
ちょっと、中にはいるだけで、区分外だったりして、
そこが8~10万!なんです。

値引きされてウハウハした700万円の土地は、
元値に上乗せされてたことになるね。

なんだか。なんだか。
勢いで動くと怖いですねー
安さにとび乗っちゃうと、このしくみさえ分からず
後で泣いていたかもー。

石橋を叩いて渡るのが好きな、
我が家の旦那さんですが、
時には本当に面倒なときもあるけれど、
こりゃあ、急ブレーキの役目をしてもらわなきゃだなー
[PR]
by hi-koukigumo | 2012-05-07 12:37 | 展示場

値引き文句は怖い。

先日のお買い得物件をみんなで見てきました。
結果、贅沢でもなく不足もない、いい間取りでした。

欲を言えば、照明がもっとオシャレでもいいのに。。。とか、いろいろ思ったけど、
こちらの住宅メーカーさんの相場を見たようで、
きっとこちらでお願いする人は、
プラスαで立派な素敵なお家をたてるんだろうなーと思ったワケ。

そして、住宅ローンの相談(担当の人が住宅ローンアドバイザーの資格を持っていたので)をして、
銀行やフラット35の他に、
大手メーカー独自に金融ローンを扱っている事を教えてもらった。
また、最近言われている、優良住宅についても教えてもらった。

とっても親切な人だったわけですが、
冷静に考えた時に、ある事に気づいたんです。

今回の約70坪1200万円の土地。
700万円にしますって言ったのだけど、
住宅支援の400万と宅地還元5%を元値から差し引いてみたら
そんなに変わらなかった。

1200万(土地の元値)-400万(住宅支援)-60万(宅地5%還元)=760万

じゃあ、条件に合った区画を760万で購入し、
自分の好きな家を買ったらいいんじゃないのー??って思った。
[PR]
by hi-koukigumo | 2012-05-07 12:12 | 展示場

娘の一言が気になって。

前住んでいた家の話。

アパートなんだけど
テラスハウスっていう
一軒の建物を半分にして2世帯住んでいるタイプだったの。

越したばかりの時は
娘も2歳になるかならないかの時期で
まだお友達と遊ぶっていうのがなかったから、
いつも2人で遊び歩いていた。

だけど、1年たって3歳になろうかと言う時に
お隣のおねえちゃん達と遊ぶようになったんだけど、

そのつながりで
実は住んでいた敷地内にに同じ建物が4棟あって、
他の2世帯の子供とも仲良くなれた。

お家訪問はもちろん、
お手紙のやり取りをして、

気候のいい日は、
敷地の駐車場で遊び
レジャーシートをひきお茶会をたり、

イベントの時は、
夏祭りも一緒に行って
ハロウィンパーティー、クリスマスパーティーもした。

ママたちとも仲良くてね、
忘年会、新年会、
出産前の食事会もした。

引っ越しする時も
送別会開いてくれてね、
車で出発する時は
みんなで見送ってくれた。

本当に今もふとみんなの事を思い出すよ。
最高のメンバーだったなー

一番印象的だったのが、
引っ越しする前日、
いつもみたいに、みんなで駐車場で遊んでいたの。

その時は育メンパパも3人いてね、
いつもなら4時5時くらいにバイバイなんだけど
誰も何にも言わないで
別れを惜しむように
その日は暗くなった7時まで遊んでいたの。

子供たちが、お別れって分かってるのかはハテナだけど、
いつものように、キャッキャ言いながら、
楽しそうに遊んでいた姿が、本当に印象的。
娘にとっても、最高のお友達でした。

だから、娘が引っ越してきたアパートで言った一言が
ずっと引っかかっていた。

「もう、引っ越さない?」

まだ3歳(まだ誕生日きてなかったからね)の娘でも、
「別れる」って「淋しい」とイコールになっていたんだなー
傷ついてるんだなーと思った。

大人たちは、子供の記憶は消えてなくなるって言うけど、
少しでも傷ついた心は
心のどこか隅っこに残っていて
楽しい事も嬉しい事も
記憶のどこかに残っていると私は思う。

だから私は
子供たちに安心した定住地を見つけてあげたい。

そしてそこで
いい事も
悪い事も
たくさんの思い出を作りたい。
[PR]
by hi-koukigumo | 2012-05-01 16:35 | 家族のこと

展示場見学。

のんびりしている連休の合間に、
近場の展示場へ行ってきました。

連休だけあって、普段はない子供サービスがあって、
娘は、綿菓子をもらい、空気のお家で遊んでいました。

この娘とまだ3ヶ月にならない息子を連れての展示場見学のタイムリミットは1時間半。
2、3軒見れればいいかなってカンジ。

連休といえど、この特殊な場所は、お客さんがちらほらでいる程度で
私たちにとってはラッキーだった。

問題はどの家を見るのか。
予算的に、ハウスメーカーさんで新築は無理なので、ハウスメーカーさんにこだわりはなく、
外観で選ぼうと思ったら、、、

あるメーカーさんの掲示板に
「モデルハウスお譲りします」だってー!

いやーん。
そういう手もあるんだと思って、値段も聞かないで、間取りを見せて欲しいと言った。

そしたら、丁寧にモデルハウスの中にお通し下さって、
丁寧に説明してくれるワケですよ。

ぶっ飛んだのが、
この某メーカーハウス1坪あたりの建設費が60万ですってよー!

ニコニコと説明するお兄さん。
私は心の中で、
「そうなの?そんなもんなの?」ってカンジだった。

さらにぶっ飛んだのが、
モデルハウスのお譲り価格が破格値だったこと。
約70坪の敷地と建物(建築面積約20坪、延床面積約35坪)が2600万だった。

敷地だけで通常1200万ほどするのに、700万になりーの、
そして、家は3000万ほどのが、1900万ですって。
さらに赤字にならなければいいので、もっと安く提供できますとな。

むむむ。
おいしい話だ。

でも、美味しい話には裏があるからして、、、
この前呼んだ住宅ローンの本に書いてあった事を思い出す。

「住宅メーカーは売るのが商売だからセールストークをうのみにしてはいかん!
お金を払うのは君たちだ!」
だったかな。

それにしてもいい話だな。
さっそく今日の話を、旦那さんに話してみた。

「学校送迎って、歩いていけないのはダメだ」
「高台とはいえ、海がすぐそこ。将来的に土地の価値が低くなるんじゃないか」
「駅が遠い」
などなど、なんか、いろいろ言われた。

で、思ったの。
買う買わないを別にして、
お父さんを納得させるシュミレーションをしようと。

いろいろ参考になるものをかき集めて、
「お父さん納得大作戦」を
今から遂行しましょう。

頑張るぞー
おー
[PR]
by hi-koukigumo | 2012-05-01 12:32 | 展示場