私たちのマイホームにむけて
by hi-koukigumo
画像一覧
カテゴリ
全体
はじめに
参考にしたもの
地域環境
家族のこと
展示場
依頼先
不動産
費用
打ち合わせ
地鎮祭
工事
ひとりごと

上棟式
最新の記事
はじめに
at 2014-04-29 23:44
あと、ひと月!
at 2014-01-23 14:40
嬉しいの一言。
at 2013-12-16 15:07
中の様子。
at 2013-12-01 16:27
メインの窓!
at 2013-11-14 14:26
その他のジャンル
ブログジャンル
建築・プロダクト
画像一覧

はじめに

ずっと地元で暮らしていた私が、
結婚2年目に旦那さんの仕事の都合で
地元から離れた浜松市に引っ越した。

そう、私たちは俗に言う「転勤族」っていうやつだったんです。

初めての引っ越しに、戸惑い悩んで、未知の世界を体験した。
でも、それはそれでいい経験だったし、
いいママ友達にも恵まれ楽しかった。

でも、今年40歳になる旦那さんが、長年住んでいた私の地元で転職をし、
2年間の浜松生活を終えた。

転職のおかげで、
転勤族ともおさらばし、
これでもう引っ越しすることはなくなったワケでー。

じゃあ、もう40歳だし、
マイホームか!?
そんなノリで始まった、マイホーム計画。

お金も知識もない。
さて、どうなることやら。。。

******
旦那さん・・・ 今年40歳。真面目な石橋を渡るタイプ。
         でも、一度お金を使いだすと、財布のひもがゆるくなる。

奥さん(私)・・・今年32歳。直感と勢いで生きてきたタイプ。
         お金はないが愛想はある。育児と家事に翻弄中の専業主婦。

娘・・・     幼稚園の年少さん。
        体型は小柄だけど、性格はお口達者のしっかりもの。 
        アンパンマンとプリキュア、人形遊びがマイブーム。

息子・・・   今年の2月にうまれたばかり。
        引っ越しによる環境の変化や姉にいつも振り回されている。
        家族の癒し系アイドル。

(2012年4月時点)

娘・・・    もうすぐ5歳。年中さん。
       相変わらずの小柄ちゃん、性格はお口達者のしっかりもの。
       だけど、意外と小心者。ちょっとでもドキドキしちゃうと好きなテレビも消しちゃう。
       マイブームは、プリキュアとお絵描き、人形遊び。

息子・・・   1才になり、移動がハイハイからヨチヨチに切り替わりそう。
        言葉はまだ喋れないけれど「アンマンマン(アンパンマン)」だけは言える。
        こちらの言葉は理解し始めたようで、「ダメ」って言われるのが大キライ。

(2013年4月時点)
        
[PR]
# by hi-koukigumo | 2014-04-29 23:44 | はじめに

あと、ひと月!

a0268230_14171027.jpg

まだ、外壁の下地状態です。
a0268230_14173062.jpg

入口です。
a0268230_14175373.jpg

階段出来てました。右側に和室、階段横は階段下物置。(外からも出入り可能)
a0268230_1417533.jpg

階段登った途中に、お父さんの書斎。
a0268230_14181442.jpg

和室。
a0268230_1418167.jpg

三畳ほどの書斎。お父さんの秘密基地です。
a0268230_14185056.jpg

リビング。
a0268230_14184973.jpg

子供部屋入り口。ロフトあります。ロフトからリビングが見えます。閉める扉もあります。

今回はカーテンの打ち合わせでした。

年始初めてのお宅訪問になりました。
天気が悪いと、子連れでは、なかなか難しいですが、
久々ってのも感動が大きくいいかもと思いました。

でも、大工工事が終わっていて、毎日来ていた棟梁さんがいないのは淋しいもんです。
このあとはクロス屋さん左官屋さん、板金屋さん、電気屋さんなど職人さんたち各々が頑張ってくれます。

今回は、階段が完成していて、職人泣かせの手すりや、お父さんの書斎が見る事ができました。

今週は板金屋さんが外壁、クロス屋さんが内装をしてくれます。
工事仕様のこのお家、お化粧してもらってキレイにしてもらいましょう。

と言う事は、また私たちの家も表情が変わると言う事で。。。楽しみ!!
[PR]
# by hi-koukigumo | 2014-01-23 14:40 | 打ち合わせ

嬉しいの一言。

a0268230_14483639.jpg

玄関。小人の家の入口はお構いできません。
a0268230_1449437.jpg

蔵のようなお風呂。明るい風呂のイメージとは正反対にしました。
a0268230_14491735.jpg

脱衣所兼サンルーム。石工ボード付いてました。
a0268230_1449406.jpg

二階、子供部屋側。キッチンの上にあこがれの天窓付けました。
a0268230_14495489.jpg

子供部屋。狭いです。ロフトに登れるかなー
a0268230_14502649.jpg

二階、リビング間口側。ベランダの大窓が明るい光を取り入れてくれます。
a0268230_14505267.jpg

今は物置になってるベランダ行きの通路。ダンスの発表会が出来そう。
a0268230_1451676.jpg

外。タイヤ置き場をバイク置き場にされた場所。
a0268230_14512314.jpg

1階和室。低い位置からみる松の木もステキです。ちょっとした茶室風。


現場で打ち合わせしました。
外から見たカンジは変わりませんが、中は着々と進んでいます。
クロス貼る前までが大工さんの仕事のようです。

毎回、思う事。
こんな寒い中御苦労さまです。

打ち合わせ1時間半程でしたが、凍えるほど寒かったです。
現場の方に銭湯サービスしてあげたいです。
[PR]
# by hi-koukigumo | 2013-12-16 15:07 | 打ち合わせ

中の様子。

a0268230_1557240.jpg
a0268230_15563259.jpg
a0268230_15572861.jpg


見にくいですが、ケイタイ画像です。

11月の半ばより、こちらは天気が悪く、寒い、そして子供の体調がイマイチで、
やっと先週くらいに、現場に立ち寄る事ができました。
そしたら、嬉しい事に、中を見させてもらう事ができまして、慌てて携帯で写したわけですが。。。

一枚目は横画像ですが、
2階の屋根の裏です。
この整列した木材がキレイでしょう。もったいなくて残しておきたくなります。
でも、断熱材やらいろいろするので、仕上ると見えなくなる部分です。

2枚目も2階の様子。
リビングになるところ。
正面の大きなピクチャーウィンドウです。
紙カバーで覆われてる太い横木は、梁としてお部屋のインテリアになります。

資材が積まれた上がったところはベランダに続くステージです。
少し見える、ガラス戸はベランダの入口です。
その横の引き違い窓は、我が家で一番大きな窓で、ここからキッチン台など運ばれるそうですよ。
この戸を背面に、ソファーが置かれる予定で、この窓から季節に応じた光が入ってくる設計になっています。
解放感のある明るいリビングになる予定です。

3枚目。
久しぶりに行き過ぎて、こんなところしか撮らなかったのか?と言われそうですが、
各部屋の壁が出来あがってきて、お家の間取りが分かり、お家の雰囲気も分かるようになりました。
壁って、こんな風に出来てるのねー

1階の廊下から、東側(家の奥)を撮りました。
トイレになるところです(笑)
向かって左側に寝室。
右側は、脱衣所兼サンルーム・お風呂。


12月いっぱいで大工仕事がほぼ終わるそうで、残り一ヶ月でガラリと様子が変わりそうです。
毎日寒い中、最近は雪も降り始めて、朝早くから夜遅くまで頑張ってくれている大工さんに感謝です。
なるべく様子も見に行きたいですが、息子連れてはちょっと難しくなってきました。
次はいつか。。。
[PR]
# by hi-koukigumo | 2013-12-01 16:27 | 工事

メインの窓!

a0268230_1471454.jpg

2階に大きな窓がとうとう付きました!

我が家の一番大きな窓です。
正面の眺めがよくてピクチャーウィンドウって素敵な名前になるかもしれないし、
小学校に慌てて向かう子供の姿をハラハラ&イライラしながら眺めているかもしれない窓です。

間口が西向きなので、西日をどうしようかと考えていましたが、
結局、ここしか開けてないので、(間口以外はお家で囲まれている)
正面にある小学校の松の木を借景に大きな窓を配置しました。

そして、この大きな窓のむこうにリビング、ダイニングキッチンになります。
これから、お家の詳細も載せていきますが、
我が家は、敷地の関係から2階にLDKがあるお家になりました。

浜松に住んでいる時から、いろいろなお家のチラシを集めていて
コレだ!と思ったチラシを手に、本格的にお家づくりを考えていました。

それは、一階に主要部屋(LDK、水回り、寝室)の配置を考えていて、
2階は子供部屋のみというものでした。
年をとった後も住みやすいし、子供が独立した後も、使いやすいと思ったのです。

しかし、敷地の条件的に
そのチラシの間取りがそのまま納まらなかったことがもとになり、
大幅に改革し、この間取りに辿り着きました。

でも、お家づくりの信念は、当初のまま変わらずなので、
間取りを大幅に変えた、このお家が出来るのをワクワクしています。
これでよかったのか?っていう不安もありません。

そういう不安を取り除いた設計士さん。
本当に、見事な設計士さんに出会えて良かったなーと思っています。
[PR]
# by hi-koukigumo | 2013-11-14 14:26 | 工事